パプアニューギニアから言いたい放題


誕生日が一緒の巻


パプアニューギニアに来てから、ずいぶん色々なテレビ番組の 取材のコーディネートをしてきたが、なかでもウルルンやふしぎ発見のコーディネートは想い出深い。

やっぱりあの手の業界の人、という感じなのか変わった人も少なくなく、人付き合いの下手な私にとっ ては多少苦痛に感じる時もあったが、気分屋の私がどうも乗り切れない時は最悪である。
相手からしてみれば、いかに変わり者の多い業界人でもパプアニューギニアに住んでる 奴ほど変わった人は居ないということなのだろうか。

苦渋のAD時代を何とか乗り切ったディレクター氏、やっとの思いでたどりついた パプアニューギニアでこんなへんなコーディネーターに会いたかないよ、と思いながらも仕事のため ロケハンをそしてロケを、のりの悪い私を何とか懸命にのせようとするディレクター氏。
ついに出たのが誕生日作戦。

"誕生日いつですか。"

"子供じゃあるまいし、誕生日なんかどうでも良いジャン。"

"ぼく4月9日なんです。"

"(この野郎なんで俺と同じ誕生日なんだよ。がきの頃からこれまで一人として同じ誕生日が 居なかった4月9日。4と9たしたら13あまりにも縁起の悪い数ばかりをそろえたこの誕生日 が気に入っていた俺としては非常にショックを感じた。)言っとくけど一年365日しかないんだから、世の中に・・・。"

"教えてくださいよ、誕生日。"

"(男に誕生日聞かれてもうれしかないよ。)良いジャンどうでも、君と一緒だよ。俺も4月9日。"

"えっ!なんか気が合いそうだなーと思ってたんですよ。"

"そお・・・。"

"姓もトミで一緒ですね。"

この後は彼にはめられた・・・。

彼とはもう7回ぐらい一緒に仕事をしている。何を隠そう、”おまけ”で話している一生償え そうにない仕打ちも彼と仕出かしてしまったのだ。

BACK NEXT

言いたい・・・

HOME